DA BLACK HOLE SUPER TECHNIC 奥義大全

| 本家 |


| 管理者プロフィール |


DAブラックホール・スーパーテクニック - このページについて

このページは、某IRCのログ・私が調べた事柄・作者ご本人のお話などを私が勝手にまとめたものです。 遅筆ですみませんw

DAブラックホールとは
2006/02/10
電話回線解析ソフトウェア・DAブラックホールについて
DAブラックホールの歴史
2014/05/15
DAブラックホールの系譜とバージョン
DAブラックホールでIP電話のキャリアを見分ける方法 2014/12/17 まずIP電話を抽出します
サポートについて(中の人) 2015/02/21
作者・山崎はるか氏について 2006/02/10 DAブラックホールの作者について
コールセンターの悩み 2006/02/10 私がブラックホールを使うようになったきっかけです

基本事例集 (固定回線)

・こちらでは、DAブラックホールの操作マニュアルに 書かれていない 「目的別の操作例」について参考を示します。
対象は固定回線であり、原則として DA社推奨環境である NTT INS64(BRI)+AtermIT/ITXをもとにしています。
(PHSやAterm以外のTAも大概同じですが、情報提供元が固定されているので 多少の応用をきかせてください)

アナログ/デジタルを見分ける 2006/02/11 基本ですね
転送電話を見分ける 2006/03/01 番号表示の真偽確認・アナ/デジ判別の精度向上
キャリアを見分ける 2007/06/30 NTTと他のキャリアの見分け方
話中の検出・監視 2007/08/03 回線利用状況のモニタリング
子番号をたしかめる 2005/12/13 親番・子番、代親・代子、裏番号について
コールセンターの特徴 2006/08/03 大企業やサポートセンター・中堅プレイガイドの構成
大手プレイガイドの特徴 2006/08/03 チケットセンターの構成・子番号について 2007/08/02 改訂
ナンバークリーニング 2005/12/15 ちょっとの工夫でナンバークリーニングの自動化までできちゃいます
inserted by FC2 system